FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【備忘録】イタリアン6本組。
Category: 手組ホイール  

JIS組の手組みホイールをバラして再び組み直した記録。

仕様は32H イタリアン6本組。

【パターン備忘録】

※反対側は対照的にスポークを構成する。

今後頻繁に組む予定もないのに振れ取り台を買うのも無駄だし、なくてもやり方次第では組めそうなアイデアが浮かんだので道具はニップル回しのみでどこまで出来るか挑戦。

やり方としては自転車ひっくり返してキャリパーのクリアランスを凝視しながらとにかく集中あるのみ。

1時間集中した結果...

動画


普通にあっさり完成。

テンションは他の手組みホイールをつまんで感覚的に調整。

ポイントは仮組みの段階で如何に縦振れ横振れを抑えられるかという事。

方法はニップルのネジ山数を揃え仮組み後、対角線のニップルを同時に手締め(X全周)する事で最小限の振れ状態で仮組みをする事が出来る。



RECORDのハブが欲しい...。


スポンサーサイト


次回への備忘録。【手組み】
Category: 手組ホイール  
旺盛な好奇心と軽ーい気持ちで始めた『ホイールの手組み』がようやく完成しちゃいました。
04完成
感想を一言で言うと『とにかく楽しー!』です。正直こんなに楽しい作業だったとは思いませんでした。酒をちびりちびりやりながら組んでいる時なんか贅沢な大人の趣味に酔いしれまくりです。

また組みたいけどそうポンポンは買えないし、でも組まないと要領を忘れそうなので次回のためにさくっと【備忘録】のまとめです。

【1】まず酒を用意します。でも飲みすぎると思わぬ失敗をするので程々にネ...(笑)

【2】ハブにスポークを裏表互い違いに全部通しちゃいます。

【3】リムの千鳥穴の向きを確認。
03.6要領2
微妙に穴が千鳥になっているのがお判りいただけますでしょうか?

あと、バルブ穴から見てハブのロゴが見えるのが『通』なんだよ、とどっかで聞きましたので参考に。
01組み付け開始

【4】リム(手前側)の穴にスポークを通しニップルで仮締めしていきます。
02組み付け
今回は32穴でオーソドックスなJISタンジェント組の6本組で組んでみました。

要領はこんな感じです。
03要領
初めに①のスポークを組み、次に②のスポークを上記の位置関係で組みます。

ハブの様子はこんな感じです。
03.5要領2

あとはひたすらこのパターンの繰り返しで片側16本、両側で32本締めて仮組みは完了します。簡単だべ?

【5】仮組みが終わったら次は振れ取りです。
04karigumi.jpg
この状態で回してみて縦振れ、横振れを確認します。

ニップル回しはパークツールのこのタイプがオススメです。
02nippuru.jpg
大の大人なら使う力は大した事は無いのですが、数の多い作業なのでちゃんとした物を使った方が指が痛くならないかと後で気付きました。

【6】まず縦振れを取ります。
縦振り
矢印の方向へ引っ張りたい場合、①と②のニップルを締めます。(反時計回りで締まります。)

後は、ホイール回しては締め、回しては締めの繰り返しで縦振れを取ります。

【7】縦振れが取れたら次は横振れ取りです。
横振れ
矢印の方向へ寄せたい場合、①と②のニップル(左フランジ側のニップル)を締めます。(同じく反時計回しで締める。)
反対へ寄せたい場合はそれぞれ隣のニップルを締めます。

ニップルの回し角度は少しづつ(90°位?)締めていきます。
ここは集中しましょう。ってゆーか自然に集中出来ます。

【8】ある程度(自分の納得の行く程度)振れが取れたら次はセンター出しです。
センター出し作業はサイクルショップホボさんにて出張作業してきました。
写真の様なセンターゲージという物を使って測定します。
センターゲージ
まずハブの中心とリムに隙間無くゲージを合わせ、ホイールをひっくり返すと写真赤線の様な隙間が確認出来ます。隙間を取るには反対側のニップルを全部(16本)少しづつ(90°位?)緩めます。これも測っては回し、測っては回しの繰り返しです。センターを出しつつ振れ取り工程も交互に納得が行くまで行います。同時にスポークをつまんで伸ばし馴染ませてまた振れ取り作業を行います。あと、本当ならテンションゲージがあればベストなのでしょうがちょっと高価なので、今回は既に所有の手組みホイールのスポークをつまんで同じ位に張りました。手の感覚です。でも心配なので最後のチェックはサイクルショップホボさんに見てもらっちゃいました。

そして人生初手組みホイールは完成です。
4.5HOBOさんにて

今回、手組みホイール挑戦にあたって工具を貸して下さったサイクルショップホボさん、ショップでセンター出し作業中に『スポークが1本逆では?』とご指摘して下さったT田さん、同じくショップでおサボり中に鯛焼きを食べてご満悦なS@妻沼師匠(笑)、色々とありがとうございました!

そして帰宅後、早速取り付け。今回もスプロケットは取付前にPowerd by 歯ブラシです。(笑)
07スプロ

作業完了。
08完成
黒いタイヤがとってもミスマッチです。(汗)

黄色いタイヤにでもしてみるかな?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。