FC2ブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


群馬サイクルミーティング2012.7
Category: 草レース。  

妻から出撃OKが出たので急遽参戦。

am4:20出発⇒6:15到着。

天気:時折小雨 路面ウェット 気温18℃

バイク:カレラ
ホイール:レーシング3+ヴェロフレックス コルサ23

①11分00 32.7km/h(上り区間までローリングスタート)
②10分20 34.7km/h
③10分48 33.9km/h
④10分41 34.5km/h
⑤10分06 36.0km/h
トータル53分01 34.4km/h
ローリング解除からゴールまで35.1km/h

1周目:先頭集団。
2周目:先頭集団。
3周目:登りで切れてソロ。
4周目:ソロ。後半で第二グループの集団に乗った。
5周目:第二集団。集団効果でスピードアップ。

我慢して集団に残ると気合充分でスタート時先頭を陣取ったが、3周目でソロ。下りコーナーが下手くそなのと登りでついていけないのもあるが、今冷静に考えてみると上げ下げに対応出来なかったのと、全体的に先頭集団に残る持久力が足りていない。ちょっと無理すれば先頭集団についていけた様な気もするが、余裕の無い状態で無理をして落車なんて事になったら家庭、会社に迷惑をかけるので今の力では無理。もっと余裕で猛者達に付いていける力をつけてからレースに臨んだ方がよろしい。

3~4周目のソロ区間は辛かった。後ろは姿が見えず、先頭集団は途中までちらほら見えていたから。

5~6名のローテによる第二グループに吸収された時は助かった。第二集団は先頭集団よりもペースが遅く目に見える回復に成功。

しばらく第二集団で進み最後はギリギリまでシッティングスプリント(松風の小竹氏がヒント)で凌ぎ、最後下ハン+ダンシングの全力スプリントで2~3名かわしてしてゴール。大柄な選手(ミツバのK間氏)のスリップを上手く使い最後ちょい指しはイメージ通り出来た。(これは松風練での成果)

やられた方は悔しかったと思うがこれがレース。

一緒に行った出茂鳥さん、Jungeさん、しろたんさんから早々に千切れ『松風トレイン』どころでは無くちょっと凹んだが、上記データを見ると前回よりも大幅に伸びている(2年前はローリングスタートじゃなかったのにAve33km/h、今回はローリングじゃなければ35.1km/h)のでちょっと微妙だが今の実力的には無難なタイムなのだろうきっと。

これから更に伸ばすのであれば自分の努力次第ではあるが、何故かソロで追い込むモチベーションが上がらない。(でも松風練やその他集団練はもちろん楽しい。)

簡単に言うとレースは一旦忘れて観光ツーリングにでも行きたい気分。
スポンサーサイト


第13回群馬サイクルミーティング。
Category: 草レース。  
予定通り、『第13回群馬サイクルミーティング』へちょろっと...

いつも思いますがこのネーミング何とかならないでしょうか?

知らない人が聞いたら『山ん中で何のミーティング??』ですよ。

実業団登録者も参加する結構マジなロードレースなのに...


さてさて、前置きはこの位にして...

AM5:45分。受付開始45分前に到着。

『もしかして一番乗り?』なんて思ったら...

ロードの魔力に取り憑かれて頭のおかしくなった人々が既にこんなに...(笑)


少しして入場。速攻で用意して受付。

右手前で仁王立ちする『ことぶきさん&kabuto bbさん』のツーショット。

朝日に照らされるシモニィ師匠。


コースはこんな感じ。


全コース&ショートコースを各2周アップ&トイレで必殺軽量化!(笑)

そして7:00過ぎ。スタート前の様子。


初レースことぶきさんの様子。緊張?余裕?


そしてスタート!


1周目:師匠の背中を見失わないように頑張ります。

2周目:先頭集団のスリップの恩恵を最大限に利用し喰らいつきます。

3周目:アップダウンでヤバくなって来ました。
     下りを利用して再び追いつくも『心臓破りの坂』で撃沈。

4周目:1人旅。地元の山を走っている錯覚にペースダウンOrz
     そんな時、後続集団3人が迫って来る。
     『チャンス!』乗っけてもらいました。

5周目:4人でローテーションしながら良い感じで進みます。
     でもその中の1人が何か仕掛けそうな雰囲気。警戒します。

     そして最終コーナーを回ると...

     予想通りその一人がアタック!
     自分もすぐに反応してパンターニ下ハンアタック!
     何とか2人抜くもその人は抜けなかった...


でも前からやってみたかった『集団ゴールスプリントォー!』でもがいたので

とってもご満悦
でした。(自己満足ネタすみません。)


そして仲間の結果ですが...

オープンクラス参加のkabuto bbさんが3位入賞!   


そして、個人TTにてシモニィ師匠3位!
 

昨日の今日で5周レースした後TTで3位?やっぱ師匠はスゲー!! 

そんな師匠の軽快なスタートシーン。


そして自分は! なんと!1番でした?!!







ゼッケンが。.....おバカですみません。実際の順位は11位...Orz

写真提供:ことぶきさん

でも、Aveが前回より良く33km/hだったので結構満足だったりします。

今回の収穫。
・SKINSの筋肉痛除去効果って凄い!昨日の疲れ無し!

今回の反省。
・前の晩の晩酌は程々に...
・前日の結構高強度な100kmライドは流石にまずかった。

走行距離:52.7km


八方ケ原ヒルクライム
Category: 草レース。  
予告通り八方ヶ原ヒルクライムへ参加して参りました。


どうやら今回は前方のお山をえっちらおっちらしなければならない様です。


ここを曲ります。


到着しました。ここでしろたんさんと合流。


今日一緒にハァハァする相棒。


今回は宇都宮ブリッツェンの選手も参加の様です。


もっと嬉しかったのはコルセクアトロさんとの初対面!

予想通り大変気さくでイタリアンテイストな渋いお方でした。

I畑さんとも再会。40数キロを自走?相変わらずストイックなお方!


さて、しろたんさんと試走を兼ねて途中までのコースチェックです。

本当は事前に試走しに来るべきでしたが...

さてさて時間が迫りスタート位置に並びます。


今回はレースではなく個人TT。30秒毎に1人ずつスタート。

予想タイムが遅い私は42番手のスタートです。

そしてまもなくスタート!


【コース備忘録】
スタート?1キロ位緩斜面やや微妙な坂緩やかなアップダウンな印象微妙な傾斜若干下り。(35km?40km位の速度が出る)⇒分岐を左。やや微妙な坂長い直線の坂微妙な傾斜の坂のコーナーが続く。コーナーが終り、突然ゴール。


これがゴール目印ですが...


直前がこんなカーブで良く見えず...


コーナー手前に居たスタッフの『もうちょい!』の声に反応して

慌ててゴールスプリント!しっかり脚が残っている状態での

勿体無いゴールでした...Orz

この悔しさは次回リベンジとします!



しばらくして周囲が一瞬ざわめきました。ゴール地点に目をやると...

しろたんさんが猛烈な勢いで見応えタップリのゴールスプリント!

今日一番の迫力ゴールスプリントでした!

一瞬の出来事で写真が撮れませんでした。Orz


そして、後続スタートのI畑さんもゴール!


全力を出し切ったストイック男の表情は非常にカッコイイー!


そしてブリッツェンの選手達も続々ゴール!






&コルセクアトロさんゴール!


全ての選手が登り切り、下山。

絶景でした!


そして表彰式!

表彰台はもちろんブリッツェンが独占!


1位長沼選手40分、2位中村選手、3位柿沼選手が43分。

そして、ご同行のしろたんさんは惜しくも7位!48分!

でもお見事な走りでした!敬意を表します!


【まとめ】
数値データで見る限り、赤城旧道と同等距離で斜度を若干緩くした程度か?

的な感覚で温存走りをした結果、激坂の出現は無く不本意な成績で終了。

冗談で言っていた試走が本当に試走となってしまった。

しかしテンポを保ち難く、ペースを掴み難い印象のコースは

何回走っても楽しめる事間違い無し!

何よりプロ選手(宇都宮ブリッツェン)と同ステージで走れる

というのは価値あるイベントだと思う。

更にこれだけ楽しめて千円は破格である!

以上、八方ヶ原ヒルクライムレポートは終了。
え?順位?後方過ぎるのと脳みその容量が少ないので数えられません!(笑)

タイム?どうかそっとしておいて下さい。Orz


第11回群馬サイクルミーティング詳細...
Category: 草レース。  
7月12日(日)参加した第11回群馬サイクルミーティング。

今回走行したサーキットはデータ上どんなのか気になり...調べてみました。


距離:6kmジャスト
高低差:69m
徒歩で75分、車で9分...9分?! ...と言う事は、トップクラスは車並み?! 

<コース状況>
スタート直後ゆるい登り→ゆるい下りでコーナーが続く→コーナー何箇所目でややキツイコーナー

その後アップダウンの繰り返し→後半徐々に登りがキツクなる→更にキツイ登り→

下ってまた、ゆるい登り→バックストレート→左にゆるいコの字コーナー→メインストレート→ゴール!

自分が覚えているのはこんな印象です。

ちなみに、こんなアップダウンにも拘らずAve30km/h以上出ます。レースとなると自分の実力以上

の力が出るのは何故でしょう?不思議です...


ついでに写真もアップ!

ウォーミングアップ開始! 嬉しくてつい飛ばし気味!(アップになってない...)


スタート前のスーパーマリオ1号、2号。


そして3号。後ろにも沢山居ます。こんなにスーパーマリオ見たの初めてです(笑)


最初にエキスパートクラスから...


スタート!



次にオープンクラスのスタート!

一気に飛び出すのかと思っていましたが、ローリングスタートと言うヤツですか?
ペースバイクの後をのろのろとスタート、ちょっと拍子抜け...

しかも、注意事項ではこの間追い抜き禁止のハズが、隙あればどんどん割り込まれ...
団子状態。せ、狭い。こ、怖い!

やがて、前の方々が順々に手を上げ...良く解りませんでしたがスタートの様です。


1周目、なんか付いて行けてます。こんなものでしょうか?


2周目に突入!依然先頭グループの5番手に居ます。ん?そんな訳ない筈。

予感的中!2周目のゆるい登りで、先頭グループの1人がダンシングを始めると、

一気に戦闘モードに突入!必死に喰らいつきます!

スピードになれた頃、みんなは慣れているのでしょうか?直線的にスリップについています。

そんな中、自分は我慢出来ずに下りの惰性を利用して抜きにかかる。

このまま走り切れれば上位も夢ではない!...と思ったが甘い甘い!

すっかり足を使ってしまい、後半の登りで一気に失速...順位を大幅に下げる。

『スリップに付いていれば良かったーil||li▄█▀█●il||li』

3周目、なんか頭がクラクラ、目もグルグルして来ました...ヤバい...

給水もしたいが、そんな余裕無し!

でも後半の登りは失速間違い無いので下りで出来る限り回しその分をカバー。

更に登り手前の下りでも出来るだけ回し勢いをつける事で登りを楽にする作戦!

『成功です!』もう直ぐゴールという場所で、やっとこのコースのコツが掴めて

来ました。

最後の難所を登り切り、バックストレート!最終コーナーも回し続け、

最後の直線!苦しいですがスプリント!そしてゴール!!

『これがやりたかったんです!』完璧に自己満足の世界ですが...


そして順位は、『あ、聞くの忘れました...』il||li▄█▀█●il||li

というか、力を使いきり立っていられません...


『まさか40歳手前でこんな事するなんて1年前の自分からは想像出来ませんでした』


呼吸が落ち着かないうちにプラス2周のエキスパートクラスゴール!は、速い!!



続いて、タイムトライアル! ルイージに変身!(笑)


TTはコースが把握出来ていたのと、呼吸が整った後だった為比較的楽だった。
タイムは11分04秒。ちなみに1位は9分28秒!速えー!!!

全員のTTが終わり、おたのしみじゃんけん大会です。景品が豪華です!

既に参加賞でバーテープ、ボトル等貰っているので正直この内容で参加費2000円は安い!

...が全然勝てず、もらえたのはタオルのみ...il||li▄█▀█●il||li


気を取り直して試乗会会場へ...

スペシャライズド!『ヨダレを垂らす方々続出!』路面がウェットに!


そして、今回唯一コースを試乗させて頂いたサーベロ!



冗談抜きにそのまま乗って帰りたかった...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。