カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山頂〜ダウンヒル。
Category: MTB  
急登を舐めていた。

バイクを押して登るも坂が急過ぎて靴が滑って思うように登れない!

心拍数は時折170bpm台でパワーキャルも300w近い表示がちらほら。

もう自転車を乗りに来たのか山登りをしに来たのかわからない状況になって来た。てかMTBが重てぇ。orz


頂上が見えた時には膝ガクガクです。


そんな時、奥に伸びる道発見!


早速進んでみた。


途中で下り基調になってしまった。頂上から北の斜面へリベンジに行きたかったのでここは引き返す。

ここからは前回の復習です。


やっぱり強烈な下りでした。ここは降りて押しました。

こんなん無理。。。


でも

この位ならなんとか。。。

同じコースを走って気付いたが前回より確実に乗車率が増えている。岩石地帯も場所によっては乗って下れた。登り返しも乗車率が上がった。手応えが楽しい。この楽しさはスキーでコブの急斜面を滑る感覚に似ているかもしれない。ブレーキングでリアが滑る時なんて怖楽しい!

難関地帯を超えアップダウン地帯へ。


麓近くへ着。

でも、このまま下ってしまって舗装路で帰宅するのもつまらないので...

新ルート開拓へ。

あれ?迷い子?


こちら方面はハイカーが少ないのかコースが荒れているというか道が踏まれた形跡が無く、迷ってしまったのか一瞬不安がよぎった。こーゆー時一人だと心細い。

少し下ると階段が出て来たのでホッと一安心。

知っている土地だ。


この時点で時刻は11時過ぎ。夢中で気付かなかったが山中に2時間以上居た事になる。本当は来た道を戻って出来るだけ山を味わいたかったが時間切れの為舗装路で戻る。2時間掛けて山越えしたが戻るのはあっという間。少し時間があったので追加コースの下りを楽しんで本日のMTBアドベンチャーは終了。

TSS63 794KJ

良いコースを教えてくれたKぼたさんに感謝!


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。