カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日光へ一人旅の予定だったのだが...
Category: 赤城山  
良い陽気なのでR122をひたすら北上し、いろは坂⇒日光東照宮見学⇒杉並木をクルージング⇒鹿沼あたりから道がだるいから輪行ツーリングを計画。特に道連れを募っていなかったのでのんびりソロツーでも良かったのだが、チーム松風のヒルクライム職人達(Kぼた氏、junge氏)が5:00に太田を出発し赤城旧道へ行くと言う情報をキャッチした為、大間々あたりまでご一緒させて頂く事に。

でも良く考えてみたら5月は何かとふらふら遊びまわっていたので家庭内マイレージポイントがあるのかないのか微妙だったので自粛。たまには足慣らしの意味で赤城旧道でも登ってみるべぇという事に。ただ、当日は何やらヒルクライム大会の入賞常連者達が集結し、それに参加するのだという事らしいので、そんなレベルでは無い私は三夜沢で消えるか、先行スタートという意思表示を予めしておいた。

5:00太田出発⇒Kぼたさん案内によるショートカットコースを快調に進んだ結果、スタート地点最寄りの『風の駅』に6:10到着。トイレで用を足し6:15先行スタート。現在の体重76kgと先週の埼玉TTで大幅パワーダウン発覚により登頂に65分はかかるだろうと読んだからだ。15分ハンディをもらっても速い人は45分位で登ってしまうらしいのでそれでも抜かれてしまうのだが...orz

スタート地点近くに顔見知りの参加者達がたむろしていたがここはスルー。失礼ですが私は先を急いでいるので。

三夜沢交差点で右折そのままスタート。赤城旧道はかれこれ2年振りなので序盤は250W位で様子を見るが明らかに楽すぎるので270Wに上げてみる。1km位走ってまだ余裕があるので思い切って300W付近に上げてみるが何故か行ける。私は今調子悪い筈ではなかったのか?

しばらく淡々と進む。(昨年には直っていたらしいのだが)石切場横あたりの路面が少し綺麗になっていたので走りやすかった。更に淡々と進むが記憶していた通過ポイントタイムより若干速い。(赤城温泉分岐23分。展望台38分。)問題の展望台横の激坂はキツいのだが『裏十石峠に比べれば可愛いもんだ♪』と言う思考が再び働き今回はそれほど苦に感じなかった。それといつも展望台から上で垂れまくっていたのでここは体へのダメージを残さない様にそろりと通過。

ハムを上手く使ってそろりと通過出来たお陰で展望台から先も特に垂れることなく登る。だだっ広い激坂もそろりと。

少し走ると霧が晴れたというか、雲の上へ出たらしく清々しい山の空気が旨かった。しばらく山の空気を楽しみ気づくとゴール地点までコーナーあと1個。無理なパワーを掛けずマイペースで登ってきたので楽。タイムは予想外の55分ちょい。Ave292w。
赤城旧道052501
この2年間長い登りを出来るだけ避けて通って来たが、年を2つも重ねて2歳若い自分に勝てたのはやっぱり嬉しいのだが...

その後次々にゴールするツワモノ達の44分だとか48分集団ゴールとか聞いたり見たりしちゃうと

『うわぁ、俺地味ー、、、』orz

更に松風の勇者達を撮影してあげようとカメラを構えるも、、、
赤城旧道052502
ご覧の有様。


終了後は頂上から雲海をみつつ大会コースを下って、353のアップダウンでjunge氏にやっつけられ色々な意味で終了。

でも久々の赤城旧道がメチャンコ楽しかった。引き続き歳は重ねていく訳だが、(よせばいいのに)更に上のタイムを出してみたくなった。まずは体重だな。
スポンサーサイト


Comments

楽しかったっす
単独で登ってPB更新、おめでとうございます。
達成感、ありましたね。
楽しかったですよ。

次は空っ風も攻めたいですw
ありがとうございます。体格柄苦手意識で山岳は避けてましたが、何というか、、、裏十石峠様様ですね。また連れてって下さい。10分先行スタートしますけどw♪

空っ風、、、(^^;;

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。