カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


極楽軽井沢輪行旅。
Category: ツーリング。  
午前中+αと言う僅かな時間でdaiさんにお付き合い頂き輪行旅へ。

利根川刀水橋4:00出発⇒五料橋から一般道⇒高崎⇒安中⇒松井田⇒旧碓氷峠⇒軽井沢⇒横川⇒太田まで輪行。実走行距離116km。

梅雨明けホヤホヤということもあり気温は涼しくも若干湿度の高い太田を出発。少し走っただけで汗だくだく。2年前にソロで行った記憶だけを頼りに五料橋から一般道を進む。ちょっと道を間違えたがすんなり高崎着。暑い。

R18を安中まで進んだ所で自転車が通行出来る道が途絶える。これは2年前も経験済み。2年前は若干途方にくれてしまい自転車を担ぎ強引にガードレール超えをしてR18を進んだが、今回はdaiさんと共に道を探した結果、道の反対側へ渡り自転車通行可能レーンを発見。これにより軽井沢がより身近になった気分♪この発見は大きい!

ホッと一安心した所でセブン休憩。最近お気に入りの煎れたてアイスコーヒーとパンケーキで軽く朝食。再出発後は道なりで横川駅の横を通過、風情ある松井田の宿場町の古き良き日本の風景に癒された後、旧碓氷峠。

旧碓氷峠を登るとまもなく見えてくる『眼鏡橋』
20130707眼鏡橋
明治25年に作られた鉄道用(現在は廃線)の橋らしいが近くで見ると、ただただデカい。

旧碓氷峠は斜度も距離も大した事ないと記憶していたが実は10km以上あったのは意外な事実だった。徐々に空気が爽やかになり、木漏れ日が気持ちの良い峠道を延々と登ると突然『長野県 軽井沢町』の標識出現。

※撮影:daiさん

更に峠から一直線に伸びた緩い坂を下ると雰囲気が一変。いきなりお洒落でリッチな空間となり気分も盛り上がる。

到着時間はだいたい8時半。まだ時間が早いので付近を散策。旧軽井沢方面へ進むと昼間は行列が出来て中々買う事が出来ないと記憶していた『モカソフト』の店がガラガラ。当然喰らう。
20130707モカソフト
※daiさん撮影。

次に長年の夢であった『お洒落なカフェテリア』
20130707カフェテリア
これをやりたいがために軽井沢へやってきたと言っても過言ではない。写真に写るジェントルマンもカプチーノをすすりつつ、つい小指が立っているのがお分かり頂けるであろうか?

注文した『アイスラテとカプチーノ』
20130707カフェテリアで頼んだもの
お洒落な町並み、綺麗なお姉さん、お気に入りの自転車を眺めながら飲む珈琲の味は格別だった。飲んでいる最中、突然ザーっと降られたが気分が良いので気にしない♪

しばらく気持ちの良い空間で癒された頃雨も小降りになったので席を立つ事に。

次に訪れたのは『アウトレット』
20130707アウトレット
キャノンデールがあるとかないとか聞いたが無かった。適当なショップをレーパンでブラブラ。若干熱視線が痛かったが旅の恥は掻き捨てと言う事で。

ここでもまたまた『ザァー』っと降られたので、止むのを待つ様にウインドウショッピングを楽しむ。

アウトレットモールの内部。
20130707アウトレットの中
海外のショッピングモールを思わせる空間である。

そして、先ほどの雨が嘘の様に再び青空に!今日はついている。

充分軽井沢を満喫したので、再び旧碓氷峠を下って横川駅へ。

ここからは猛烈な暑さを回避する為『極楽輪行』
201300707パック完了
※撮影:daiさん。

輪行旅のお供『峠の釜飯とノンアルビール』
20130707釜飯1
※撮影:daiさん

これも夢だった!
20130707釜飯中身

朝4時に出発して軽井沢を満喫しつくして美味しい釜飯に舌鼓を打ちつつ涼しい電車で暑さにやっつけられる事なく14:30帰宅。

こんな贅沢もたまにはアリです!

既に第二弾を妄想してしまっている事は言うまでもない。。。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。