カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013JCRCシリーズ第6戦 in グンマー参戦備忘録。
Category: 大会  
松風練とか渡良瀬練とかまぁまぁ走れる様になって来たかなぁ?って気がするので成果の確認とデータ取りの為参戦。一年前に登録済でデビュー戦の予定であったが、スタート10分前にパンクして泣く泣くDNSだったので一年越しのデビュー戦となった。

会場へは同じくデビュー戦を迎えるjungeさん、Eクラスで2戦目のgoridanさんと共に行く事に。jungeさんがエスティマ号を出してくれた。ありがたや。ありがたや。

AM3:45自転車で出発⇒4:15goridan家に集合、3人のバイクを車に積み込んで4:30頃出発。5:30チョイ過ぎ?に到着。

群馬CSCの門前には既に開門待ちの車が列を作っていたが、先日W練の時にT岡さんからお奨めされた会場下の駐車場に一旦駐車。開門までの約50分?猿ケ京側へ下る斜面約1kmを使ってアップ開始。

上りの為自然に負荷がかかってしまうので気をつけながら登ったがFTPの80%位に上がってしまったが、1kmを約4分位掛けて4本でじんわり汗がにじみ出てくる位に温まって結構良い感じだった。

開門の声を確認したので会場へ行き、今度はコースを使って再びアップ開始。

1周目11:00 XP258W 32.5km/h
2周目11:10 XP262W 32.1km/h 
3周目11:55 XP232W 29.9km/hでクールダウン。

何と言っても下りとコーナリングが上手いgoridanさんの後ろについてライン取りのヒントを習得出来たのは良かった。これで本番のコーナリングの安定性がアップしたのは間違いない。ありがたや。ありがたや。

さて、今日のバイク仕様はとにかくパワーデータが欲しかったのでCARRERA号にF:レーシング3、R:パワータップ。同組スタートのjungeさんより脚力的に劣るので決戦ホイールとかなり迷ったが、やっぱりデータは後の練習に活かせるので長い目で見てこちらをチョイス。
本日の仕様

定刻が近づきスタート準備。早めに充分なアップ(距離にして約26km)が出来ていたのでスタートラインの一番前を陣取るべく並んだ。結果、一番前ど真ん中でスタンバイ。一年前の屈辱があったので緊張はなく『やっとここに立てた』と言う思いが強かった。と言うかjungeさんに呟いていた。

そしてスタート!

ローリングスタート方式だが先頭グループでグイグイ行く。jungeさんは一番先頭で先導バイクに抑えて抑えてみたいなゼスチャーをされた位グイグイ行く。程なくローリング解除。jungeさんの居る先頭に追いつき番手へ。1周目はほぼ番手で楽をさせてもらったのでこちらも先頭へ出てみたり。先頭は気持ち良かった。

2周目の心臓り手前位だっただろうか?外国人選手がアタック。スピーディ且つ後ろに付けない様にラインを変えながらのアタックに誰も反応出来なかった。一枚上手だ!

残りの集団で進む。

集団はあまり積極的ではない印象だった。一方jungeさんが先頭を走るシーンが多く牽制により緩んだ集団を活性化させ集団内で一番強いのは明らかだった。私も力の限り頑張ったがjungeさんの比では無かった。

3周目、依然10人位?の集団で進む。疲れている選手もちらほらだったので中切れを警戒して前目で走る事を意識。そんな中、心臓破り手前でちょっとしたアクシデント発生。目の前を走る選手がチェーン落ちにより失速。危うくハスりそうになったが間一髪避け集団に追いついた。若干脚を使ってしまったが集中していた時で良かった。

3周目の心臓破り後jungeさんがアタック予告をしていたので心の準備をしていたが、先頭が長かったので出来なかった様子。力不足により結果協調できず心の中で申し訳ない感一杯。

その後はそのままの集団で4周目中盤位まで特に変化なく進む。ヘアピンをこなした後位か?やっとエンジンがかかってきたのか急に楽になって来た様に思えた。もしかしたら表彰台行けんじゃねぇか?とも。

心臓破り手前あたりだっただろうか?jungeさんと、その後を一人追ってスパート。私は前に選手が3~4人居たので行けず。このまま行くと7~8位。でもどうしても入賞したい!と言う気持ちが出て心臓破りでアタック。追抜きざまに相手の様子を見ると垂れていた様に見えたのを確認してそのままスピードを殺さずに我慢。最後の2段坂手前で後ろを確認すると誰もいなかったが、出し切りたかったので当然ゴールスプリント!なんとか入賞圏内の5位。

後でリザルトを見たらすぐ後ろの死角に6位の選手が居たらしい。やっぱり最後は全力でゴールするに限ると言う事だ。

【周回データ】
#1 09:38 XP304W MAX868W 89rpm 36.7km/h 心臓破り1:06 404W
#2 10:07 XP273W MAX778W 84rpm 35.3km/h 心臓破り1:01 379W
#3 10:12 XP257W MAX750W 81rpm 35.2km/h 心臓破り1:11 353W
#4 08:28 XP283W MAX847W 83rpm 34.5km/h 心臓破り1:03 400W
※最終周はバックストレート手前の2段坂を登りきった所がゴール。

記録:38分28.293 5位。
Av255W XP285W(NP302W) IF1.022 84rpm 35.87km/h 

走行グラフ
データ1
見ての通り、パワーの上げ下げが強くギッザギザ。
1周回目を分析するとローリングスタート直後と後半で400W前後が6回。本スタート時に631W、その直後に517W。2~4周回目も400~500Wのインターバルがそれぞれ8回前後。これに心臓破りの坂1分400W前後が加わる。

松風練のインターバルに似ているかも知れないと言う事と、インターバルトレーニングの重要性に改めて気づいた。

収穫も反省もあり良い経験が出来た。次は出来れば台の上へ登ってみたいと言う欲も出た。

それとレース中はgoridanさんの応援が力になったので、終了後はこちらからも感謝を込めてEクラス参戦のgoridanさんを力一杯応援。
goridan.jpg
2周目先頭を牽く!男だね!

goridan逃げ
3周目なんと2人で逃げている!男だね!

goridanラスト1周
5周目、吸収されてしまったが好位置キープ!男だね!

6周目ゴール前、迫力のスプリント!こちらも喉と掌を痛めるほどの力一杯の応援で鼓舞!

2位表彰台と昇格権獲得!!うぉぉぉーー!!!

男のいい走りを魅せてもらった!

【後記】
結果的に3人共入賞(うち表彰台2人:jungeさん3位、goridanさん2位)出来たのはズバリ良い練習仲間良い練習環境に恵まれているからだと思う。jungeさん、goridanさん及び日頃練習を共にして頂いている仲間達に感謝します。
スポンサーサイト


Comments

biciさんも男らしい走りっぷりでしたよ^_^
ありがとうございます!反省会はバカ言いあって大いに飲みましょう。楽しみにしています!!
写真を頂いてもよろしいでしょうか。
はじめまして、先日はレースお疲れ様でした。

JCRCのレースブログを探していたら、
こちらのブログに自分が写っている画像を見つけたのでいただけたらなーと思い、
コメントいたしました。
(EクラスのCUOREと書かれたジャージを着ているのが私になります。)
よろしくお願いします。
田村@クオーレさん
先日はお疲れ様でした。
写真はどーぞどーぞお使い下さい♪
ありがとうございます
Biciさま
快諾ありがとうございますm(__)m
頂戴いたします。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。