カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

紅い彼等

Author:紅い彼等

FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松風周回1周半。
Category: 松風練  
4:40自然起床後外を見ると路面ドライ。雨予報で完全に油断した。速攻で着替えて10分後出発。集合場所へは最速でも13分かかるので逆回りで合流を試みた。高速高架橋付近で向かってくるトレインを発見。Uターンして連結成功。参加者はmotojさんjungeさんKぼたさん。

アップ少なめでの高速列車に飛び乗ったのでいつもより速く感じた。いきなりだが松風峠はHC職人に付いて行けるところまで頑張ってみた。頂上付近の軽いアタックで離されてしまったが辛うじて背中が見える範囲で登頂。強度はデータを見ていないので後で。体感的に多分2分5.5倍位 後で調べたら2分8秒 420W(5.75倍)。

下りはライン取りを考えながら下ってみた。平坦区間へ入ると結構な雨。身体は温まりきっていたので気持ちの良い雨だが、白線やらマンホールやら滑って危険なので2周回で中止が決まった。桜並木区間から先は安全に配慮した上でそこそこ上げる。旧太田病院でjungeさん離脱。ゴールスプリントは山田屋から先行し続けてそのまま先着。48秒 562W(7.7倍)

1周回のみ取れたデータは21分57秒292w(ガーミン本体のログデータ)いつも思うが、ガーミン本体に残る平均出力とゴールデンチーターで吸い上げた平均出力が違うのは何でだろう?

JCRCを走り終えて感じたが、自分的には群馬対策は松風練が1番適していると思った。峠は心臓破りの坂と同じ強度で2倍長いし、峠の下りも練習出来るし、平坦区間は信号ストップも含めてインターバル多いし、強度を上げたければ逃げるとか自分で工夫すればいくらでも出来る訳だし。何より実業団選手及び実業団クラスがごろごろいるし。

【群馬CSCと松風周回コースの比較】
2013.7.14群馬CSC2周分12kmの走行グラフ。
20130714群馬
20分01秒 267W(xP293W) 86rpm 36km/h

2013.7.18松風練1周分12kmの走行グラフ。
20130718松風
21分57秒 237W(xP276W) 87rpm 32.2km/h

【参考】
2013.6.2梅田2周分13.2kmの走行グラフ。
20130602umeda.jpg
21分23秒 256W(xP278W) 90rpm 37.1km/h
※梅田小周回に心臓破り級の坂があれば完璧なのだが、、、


参加の皆さん、今週もありがとうございました。


64km 1532KJ TSS143(通勤含む)

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。